読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Higher brain dysfunctionな日記

高次脳機能障害なネタを書いていきます

1年半

 

今日は、2月に1回となった診察です。

症状固定してますので、あまり変化はありません。

それもあっての2月1回なんです。

ただ、家族は何やら先生にいろいろと話をしなければならないと申しております。

わたしは正しいと思っていることをやっているのですが、それが気に入らないようです。

正確には、

「やり方を考えろ」

ということらしいですけど。

先日(ついこの間の盆休み)、家族で出かけました。

その際、電車で移動したんですけど、車内で電話をしているものがおりました。

所謂ハンズフリーなのか、一見すると独り言を言っているように見えますね。

しかし、明らかに電話をしているというのはわかるものです。

見た目はあまり問題ではないんですね~(ハンズフリー使っている人は考えてほしい)。

で、大声で

「電話をやめろ」

と叫びました。

わたしの家族は知らんぷりです。

それでもやめない通話者に対して、

「降りて電話しろ」

と、これまた大声でいいましたとさ。

すると、駅についたところで、通話者は降りました。

降り際にわたしに向かって罵詈雑言を浴びせながらね。

家族はそれも知らん顔です。

わたしも当然応戦しましたよ。

悪いのは相手ですからね。

目的地に着いて、家族に向かって

「なんで助けないの」

というと、

「あれではお互いさま。どちらも悪く見える」

って言われてしまいました。

声が大きすぎたらしいデス。

「あんな大声で叫んでいたら、あんたも同罪」

ですって。

ことほど左様に、やり方の問題らしいです、いいたいことは。

同じ注意するのでも、いい方があるだろうというのが家族の主張でした。

それはわかるけどね~。

大抵、車内で電話するような輩に、いいやつはいないというのがわたしの持論なんです。

特にハンズフリーを使っているのは特にたちが悪い。

以前もありました、同じようなことがネ。

と、ココまで書きましたが………。

診察でかようなことを先生に伝えなければならないと思っているようです。

まぁ、仕方ありません。

本当のことですからね~。

といいつつ。

今日は、わたしが障害を負ってからちょうど1年半になります。