読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Higher brain dysfunctionな日記

高次脳機能障害なネタを書いていきます

関東信越厚生局へ電話

 

 

 

電話しました。

どこにかというと、関東信越厚生局デス。

担当の社会保険審査官さんに、その後の様子などをうかがおうと思ったわけです。

一応、ちゃんとは答えてもらえました。

聞いたことについて、デスが。

こちらからは、

「その後の様子を聞かせてください」

っていったんです。

「現在、保険者(ここでは日本年金機構)から返事(意見書っていってたかも)をもらったとっころです」

ってことでした。

お!

それは、向こう(つまりは今回の不支給決定をした日本年金機構)の結論が出たってことか?

と思って聞くと、

「それは答えられません」

っていわれちゃいました。

この後、審査結果については正式に文書で届けるので、それまで待ってくれということでした。

仮に、日本年金機構

「わたくしどもの判断が誤っておりました。スミマセン」

とでもいってきていれば、不支給の決定が変更となり、こちら(わたし)に審査請求を取り下げてほしい旨の話があるはずです。

然るに、そのような話にはならなかったことから、審査官さんにこういいました、わたしは。

「つまり、日本年金機構(保険者)は自分たちの判断(不支給としたこと)を正しいと思っているんですね!」

と。

すると、社会保険審査官さんは

「それにも答えられない」

と。

そこでわたしは思っていることをいってやれと!

「今回の不支給決定は、法律に反している(違法である)でしょ。だって、障害認定日は1年半ではなくても、症状が固定すればいいと法律上なっているじゃないですか!」

と、思わず声を荒げてしまいました。

すると審査官さんは

「それこれ含めて、3か月から4か月くらいで正式に文書でお伝えしますから」

といっておりましたよ。

まあ、ご迷惑とは思いつつ、

「では、また4カ月後くらいに(あと2か月くらいあとってこと)電話します」

といって、終了しました。

う~~~~~~ん、なんだかな~。

マジメにスッキリしませんね。

ホント、なんとかならんかな、と思うのです。