読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Higher brain dysfunctionな日記

高次脳機能障害なネタを書いていきます

後遺障害等級認定-その3

 

  

さらに続きです(汗)

 

 

後遺障害等級認定にあたり、もっとも重要な書類は、これから占めす「神経系統の障害に関する医学的意見」ではないでしょうか。

これは、ネットで探しても、実物を見つけることができませんでした。

つまり、誰もこれをアップしてくれていない、ってわけです。

なんでかな~、と思ったところ、おそらくそれが重要な書類だからということもさることながら、「ネタ」として貴重、ということなのかなと。

何の「ネタ」かというと、当然………

まあ、わたしは特にそれを考えてませんので、ココにお示しします。

こちらデス↓

 

 

 

 

神経系統の障害に関する医学的意見_01.jpg

神経系統の障害に関する医学的意見_02.jpg

この「医学的意見」にかかれていること、これが先の認定結果の理由に書かれていることと一致していますね。

つまり、これが重要ってことかと。

ただ、気をつけなければいけないのは、ココにかかれたことと同じ程度のことが書かれていれば、同じ等級認定をされるかというと、そうではない、ということですね、たぶん。

交通事故の状況、受けた障害の程度、さまざまな検査、画像所見(わたしもみましたけど、わたしの事故後の頭部は、まさしく出血大サービスデシタ)、その後の様子などなど。

おそらくさまざまな要素が絡んでくるのでしょう。

そのまま真似ればいいというものではないので、くれぐれもご注意くださいませ。

わたしの場合は、診断書、意見書、各種検査結果などを総合的に判断してこういう等級になったんでしょうね~。

って、本当はよくわかってません(汗)

 

 

 

もうひとつ。

今回、記事には載せていませんが(データがないので)、重要な書類がもう一葉あります。

それが「日常生活状況報告」デス。

事故後、退院してからどのような暮らしっぷりであるのかを、時系列に、また詳細に記入されたものデス。

まあ、いわば家族の書いた「わたしの日記」みたいなものです。

客観的に書くのは難しいと思いますが、かなり詳細に、場合によっては、警察署や車のディーラー(わたしは勝手に車を買ったりしたので=勿論キャンセルした)など、関係各所へのヒアリングもしたラシイデス。

かなり苦労したと申しておりました。

でも、この「日常生活状況報告」に書かれたことから「神経系統の障害に関する医学的意見」に流用されている文言も多かったと家族が申しておりました。

と、まあ、そんな感じです。

結構貴重な資料と思うんだけどな~。

って、自分でいっちゃダメか(笑)