読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Higher brain dysfunctionな日記

高次脳機能障害なネタを書いていきます

雇われものの悲哀

高次脳機能障害 後遺障害 リハビリテーション

 

もうひとつ、少々キナクサイ話題があります。

わたしは今のところ、サラリーマンをやらせてもらっています。
つまり、給与所得者ってことです。
これは大変有難いことで、わたしのような障害者を雇用するにあたっては、さまざまな問題があるのだと思います。
事故後、一昨年の6月から変則勤務をはじめて以降、定時(9時~17時)勤務とはいえ、今のところは問題なく雇用してもらっています。
デスが、ここにきてそれもやはりタダでは済まなくなってきたようです。


何かというと、わが社の偉い人たちが、わたしの主治医の先生に話を聞きに行くことになったんですネ~。
これはただ事ではありません。
しかも、わたしは立ち会いません。
おそらく!
忌憚のない意見などを聞きたいと思っているのでしょう(わたしがいては、先生も遠慮があると想定したと思われます)。
 

会社にどうこういうつもりはありません。
これまで、事故前と同じだけ働くことは叶わないにもかかわらず、雇ってくれているだけでも感謝しております。
個人的な希望をいわせていただければ、
「雇っていてください」
って感じデス。
もらえるものは少々減ろうとも、雇ってもらえているってことが大事なんだと思います。

家族的には、
「あまり減らさないでね」
って感じのようです。
でも、仮に雇用が維持されても、条件は厳しくなるでしょうね。
これはやむを得ません。

なので、それを前提に、これからの生活を考えなければならないわけです。

こうなると、先に受給が決定した障害年金は非常に助かります。

面倒をみなければならない家族もおりますので、そこいらへんを考慮していただけるといいな~、と思ってます。

どうなったのかは、また書かせてください。