読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Higher brain dysfunctionな日記

高次脳機能障害なネタを書いていきます

ハクソ―・リッジ、観た


 
『Hacksaw Ridge』(『ハクソー・リッジ』)という映画を観ました。

友人が外国にいるもので、そのつてで、デス。


日本での公開は夏ということらしいデスが、公開されるかどうかはわかりません(汗)

というのも、映画の舞台が第2次世界大戦の沖縄戦、ということがあるためです。

前もって言っておくと、映画の中で、ことさらに日本人を侮蔑的に描いていたりするということはまったくありません。

ただただ映画の後半の舞台が「沖縄戦」であるということデス。

 

この映画の監督は、メル・ギブソン、デス(汗)

わたしは彼の作品をあまり観たことがありませんので、監督のしての手腕はわかりません!
デスが、この映画に関していえば、なかなかヨカッタデスヨ。

ちょこっと映画の紹介を。

実在のアメリカ兵(衛生兵)の物語です。
デズモンド・ドスという実在の人物の若かりし頃を描いています。
でも、普通の戦争映画とはちょっと異なります。
主人公は「良心的兵役拒否者(Conscientious objector)」なんです。

この「良心的兵役拒否者」というのは、もともとは戦争などとはかかわらない人たちなんですネ~。
暴力的なことを拒否するわけですから。
でも、デズモンドはちょっと違いました。

彼は愛国者っていうのか、皆が戦争に向かう中で、一人そこに行かないこと(戦場に行かないこと)はオカシイ、と思ってしまったんです。
なので、「良心的兵役拒否者」なのに、入隊するんです。
そこから彼の戦いが始まります。

いろいろな人を巻き込んで。

除隊しろという上官。
もういいんじゃないかという婚約者(妻)。
でも、彼は除隊しません。

父の(ある種の)活躍もあって、「良心的兵役拒否者」でありながら入隊し、いよいよ前線へ行くことになります。
ただし、衛生兵として。
衛生兵はライフルを持ちません。

で、彼が何をしたかというと………

 

これは映画をご覧くださいってことですかね。


後半の戦闘シーンは、まるで『ハンバーガー・ヒル』を観ているかのようでした。

スサマジイ迫力デシタ。

デズモンドの生き方に共感する、しないというのはあると思いますが、それはお任せします。

 

hacksawridge.jp

ムズカシイ映画だよ(汗)