読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Higher brain dysfunctionな日記

高次脳機能障害なネタを書いていきます

奴らはそこにいる

 
 
ゼイリブ』を観ました。

f:id:gasuken1027:20170316093808j:plain


久しぶりに(汗)

いや~、相変わらずオモシロイ映画デスね~。

この頃(1980年代)の映画には、ある種のメッセージがあったりして、それがなかなかイイ感じです。

監督のジョン・カーペンターは、人によっては「B級」なんていうことをいわれていましたが、わたし的には結構評価していて………。

特に、『遊星からの物体X』(「The THING」)なんかは本当に秀作でしたナ~。

あとの映画はちょっとあれだけど、この『ゼイリブ』なんかは、とってもオモシロイ映画です。

映画のストーリーは、ここで書いてもあれなので割愛しますか。


観ていて思ったのは、今の映像技術を使って(例えば、CGとかネ)再映画化なんかしてみたら、相当イイ映画=ヒットする映画ができそうな予感がしました。
ただし、そもそもこの映画の背景にあった「時代」っていうのが、今とはかなり異なりますので、そのあたりをどう演出するか(脚色するか)が問われそうです。

この80年代というのは、結構いい時代でした。
いろいろな意味で恵まれていたかな、と思います。
そんな時代に合って、それへの批判、とまでは言いませんが、ある種の”斜に構えた”見方というのが、映画の背景にはありますね。

今ならそれをどのように表現するのか………

そうですネ~。

ポピュリズムだったり、排外主義だったり………

今の世の中を取り巻く状況に合わせて、「レプティリアン(エイリアン)」がどんな形で描かれるのかとか(笑)

でも、相わからず「エリア51」が生きている(?)アメリカでは大丈夫なのかな(『インディペンデンス・デイ』でも出てきたしね)。

 

ってことで、『ゼイリブ』をリメイクしようなんていう輩はいないか(笑)